2019年度ベンチプレス4度目の試合に向けて

2019年度12月1日(日) ジャパンクラシックベンチプレスマスターズ大会に向けて、ピーキング中であります。
コンディション、悪くないです。
股関節や腰痛に若干の違和感はあるものの、一時のものと比べれば、問題はないです。

自分の力を信じて、高重量トレーニングに励んでおります。

今年4試合目の大会。

ベストを尽くせるように精進あるのみ。

6+

Users who have LIKED this post:

大阪府ベンチプレス大会

我がシロクマパワージムから二人の選手が出場しました。
男子一般 74キロ級 山尾武宜選手 80キロ〇 90キロ✖ 90キロ✖
男子一般 74キロ級 山口裕二選手 60キロ〇 65キロ〇 70キロ✖

田中豊己選手83キロ級 M1で出場予定であったが、急用により、今回は、棄権。

皆さん、よく頑張ってくれました。
悔しい想いを、二人とも、してるようなので、次回、来年4月の大阪府パワーリフティング大会で、必ず、リベンジしてくださいね。
試合に出るまで、最後の最後まで手を抜くことなく、一生懸命トレーニングを積んでいました。
必ず、報われる時が来ます。今後も、諦めずに、楽しみながら、頑張っていきましょう!

滋賀県から、遥々、参加されていた浦田繁男選手。
第三試技117.5キロは、惜しくも、成功試技にはならなかったですが、随分、強くなっておられました。
今年の春先に今日のセコンドの澤井コーチと共に、我がジムへ、パーソナルを受けに来てくれていました。
今後の活躍を祈念しております。

ケーン,sトレーニングセンター館長に、キッチリ詰められる、シロクマの二人(笑)

ケーンさんも、今大会、出場されていました。
お体のコンディションは、決して、万全ではなかったものの、やはり、存在感のある迫力ある試技を見せてくれました。
どんなことがあっても、このベンチプレス競技を続けるケーンさん、流石です。
自分にとって、最高のライバルでいてくれるっことに感謝しております。

2年ぶりに試合会場で、会いました。
以前に、岩崎ボディビルクラブや旧パワーハウス大阪で、共に汗を流した盟友 斉藤大明選手120キロ級も出場して
ました。斉藤君、うん、凄く強くなっていた。実に良い面構えしていたね。私の今年最初の試合ジャパンクラシック
マスターズベンチ大会で、第一試技160キロ〇 第二試技167.5キロ〇 第三試技172.5キロ〇を敢えて意識して、
その試技の順序で、試合に臨む粋なことをしてくれていました(笑)
結果は、惜しくも、172.5キロは成功出来ず、記録167.5キロの新記録更新となりました。
立派な試技を見せてくれました。よくここまで続けてきたなと、斉藤君の勇姿に、心から拍手しました。
来年のジャパンクラシックベンチプレス大会で、同じ120キロ級で、戦えることを励みに、稽古をつんでいきたく思います。
斉藤君、感動をありがとう!

I.W.G.Gの亀井コーチと村上恵造選手は、今日は、審判員として来られていました。
最高の名コンビぶりを十分発揮されていたので、とても面白かったです(笑)

最後に大阪府パワーリフティング協会並びに関係者の皆さま、いろいろお世話になり
ありがとうございました。

8+

Users who have LIKED this post:

アニキと以前に行った天ぷら屋

シロクマパワージムの元メンバー アニキと天ぷら まきのによく行ったものです。
今日、時間があったので、一人で行って来た。
懐かしい味だった。
トレーニング後に、よく二人で行ったあの店。
一人で食ってて、やっぱり泣けるものがあった。

4+

Users who have LIKED this post:

三種目トレーニング

我がシロクマパワージムは、圧倒的にベンチプレスのみより、スクワット・デッドリフトをプラスアルファーした三種目で頑張る選手が多いですね。

トータル的にバランスのとれたカラダを作るには、三種目をする方が、良いと、私自身は思って、取り組んできました。
今は、膝の故障具合と相談しながらなので、以前のように、万遍なく取り組んではおりませんが、やはり、三種目の方が、魅力ありますね。

ベンチプレスの試合は、一日、3試技ですが、パワーリフティング三種目は、9試技こなさなければいけません。
肉体的にも精神的にも相当な疲労感があるのは、否めないです。

私の師匠 岩崎先生は、いつもこう仰られます。
自分が好きなものを多いに気がすむまでやれと。
もちろん、凄い記録を作ることも大事。
でも、一番、大事なのは、楽しいと思って、いつも爽やかな笑顔で続けること。

自分に正直であれ!
うん、それに尽きる。

6+

Users who have LIKED this post:

人の繋がり

シロクマパワージムを創設して、更に更に学んでいること。
それは、一本のバーベルを通して、多くの恩愛に感謝を捧げ、
お互いに人々によって生かされていることに、手を合わせること。

岩崎ボディビルクラブでの恒例の日曜特訓。
炎の指導士 岩崎先生、岩手県の村山さん、四条畷の上柳さん、浪速区の中溝君、
そして、シロクマで、ベンチプレス鍛錬開始。
シロクマは、180キロ、良い感じで、プレス。

弁天町近所の世界館で、武骨プロレス10周年記念大会観戦。
プロレス仲間の玉田耕一選手を応援するために、会場入りしました。

プロレスラブの仲間たちが集結。
玉田選手を激励するために、わざわざ駆けつける熱い仲間たち。
その声援に応えるべく、勝負にでる玉田選手。

元新日本プロレスジュニアのカリスマ
アニキこと金本浩二選手も参戦。
玉田選手と同門 栗栖ジムのご出身。

夕方、ミナミへ足を運ぶ。

バリババリさんと、京都の川口マンさん、八木タメさん、とで、随分お久しぶりの飲み会。

やはり、話題は、パワーリフティング・ベンチプレスを通して、お互いの近況報告。
とにかく熱く腹の底から、語りあったね。
こういう友の存在に感謝ですね。

皆さんのお取り計らいで、嫁も途中参戦(笑)
一応、紅一点で、更に話も盛り上がったようで、めでたし、めでたし(笑)

最後は、バリバリさんを横向きで担いで、一本締め!
また、近々、このメンバープラスαで、笑い転げたいものです。

本日、午前中、午後からのパーソナルトレーンング二時間コースのお客様のための
メニューを組んでいた時に、突然の来客。
私は、基本、ノーアポの方は、失礼承知で、応じないことにしている。
ポンと一通のメッセンジャーがとんできた。
おいおい、なんと、20数年来の友 森君ではないか!
彼もプロレスを通しての大親友である。
妻との入籍をFBで知って、夜勤明けにもかかわらず、わざわざ駆けつけてくれた。
熱い漢です。
約2時間、20年分、はなしこんだなぁ~
ありがとうね!

3+