自分を貫く

学生時代にロシア語を専攻していたこともあり、ロシアの文豪 ツルゲーネフが

遺した言葉で、

私は、誰の意見にも

賛成したいと思わない。

私は、自分の意見をもっている。

48歳の僕が、50歳で達成したいことがある。

そのためには、自分を貫くことの覚悟が必要!

誰かの計画に賛同したり、批判したりすることはとても簡単なこと。

いくら人の考えに意見をしても、自分の立場が大きく揺らぐことは、ないもんな。

一方で、自分の意見を強く押しだすのは、勇気がいる。

その難易度に立ち向かう時は、周囲の声をすべてこの身で、引き受けないといけないね。

たった一人でも自分の信じる道を進む。

そんな不屈の強さを持ち続ける。

5+

Users who have LIKED this post: