大阪府ベンチプレス大会

我がシロクマパワージムから二人の選手が出場しました。
男子一般 74キロ級 山尾武宜選手 80キロ〇 90キロ✖ 90キロ✖
男子一般 74キロ級 山口裕二選手 60キロ〇 65キロ〇 70キロ✖

田中豊己選手83キロ級 M1で出場予定であったが、急用により、今回は、棄権。

皆さん、よく頑張ってくれました。
悔しい想いを、二人とも、してるようなので、次回、来年4月の大阪府パワーリフティング大会で、必ず、リベンジしてくださいね。
試合に出るまで、最後の最後まで手を抜くことなく、一生懸命トレーニングを積んでいました。
必ず、報われる時が来ます。今後も、諦めずに、楽しみながら、頑張っていきましょう!

滋賀県から、遥々、参加されていた浦田繁男選手。
第三試技117.5キロは、惜しくも、成功試技にはならなかったですが、随分、強くなっておられました。
今年の春先に今日のセコンドの澤井コーチと共に、我がジムへ、パーソナルを受けに来てくれていました。
今後の活躍を祈念しております。

ケーン,sトレーニングセンター館長に、キッチリ詰められる、シロクマの二人(笑)

ケーンさんも、今大会、出場されていました。
お体のコンディションは、決して、万全ではなかったものの、やはり、存在感のある迫力ある試技を見せてくれました。
どんなことがあっても、このベンチプレス競技を続けるケーンさん、流石です。
自分にとって、最高のライバルでいてくれるっことに感謝しております。

2年ぶりに試合会場で、会いました。
以前に、岩崎ボディビルクラブや旧パワーハウス大阪で、共に汗を流した盟友 斉藤大明選手120キロ級も出場して
ました。斉藤君、うん、凄く強くなっていた。実に良い面構えしていたね。私の今年最初の試合ジャパンクラシック
マスターズベンチ大会で、第一試技160キロ〇 第二試技167.5キロ〇 第三試技172.5キロ〇を敢えて意識して、
その試技の順序で、試合に臨む粋なことをしてくれていました(笑)
結果は、惜しくも、172.5キロは成功出来ず、記録167.5キロの新記録更新となりました。
立派な試技を見せてくれました。よくここまで続けてきたなと、斉藤君の勇姿に、心から拍手しました。
来年のジャパンクラシックベンチプレス大会で、同じ120キロ級で、戦えることを励みに、稽古をつんでいきたく思います。
斉藤君、感動をありがとう!

I.W.G.Gの亀井コーチと村上恵造選手は、今日は、審判員として来られていました。
最高の名コンビぶりを十分発揮されていたので、とても面白かったです(笑)

最後に大阪府パワーリフティング協会並びに関係者の皆さま、いろいろお世話になり
ありがとうございました。

8+

Users who have LIKED this post: