シロクマパワージム 筋肉革命 真っ只中!

12241299_1522030374788978_5268213712021317814_n[1]

12249964_1522030348122314_4386291267941296136_n[2]12241299_1522030374788978_5268213712021317814_n[1]12122889_1515387008786648_8704702873265529969_n[1]12191965_1513884705603545_4743396342187887390_n[1]12065785_1520311718294177_3245166190807830629_n[1]12246664_1520311764960839_3077370698292022880_n[2]12108119_1509238456068170_5785730561580984439_n[1]

久しぶりにブログ更新しました。FBはマメに更新しているのですが、こちらのほうは、ご無沙汰でした。大変申し訳ございません。
さて、このタイトルなのですが、トレーンングの世界でドップリ浸かっておられる方なら、ご存じかと思います。東京大学大学院教授 理学博士 石井直方先生の著書”筋肉革命 人生を楽しむ体のつくり方”から拝借しました。私が、現在の仕事を本格的に取り組むキッカケを作ってくれたのが、石井シリーズと呼ばれる、トレーニングを楽しむ秘訣がたくさん盛り込まれている石井先生の数々の著書との出会いでした。特に感銘を受けたのは、高齢者を元気にさせる”メソッド”でした。実にシンプル、”なるほど~、そうそう”と思わせるものがありました。私自身のトレーニングにも、かなり”活かせる”ものがありましたね。
さて、最近のシロクマスクール及びシロクマパワージムの動きですが、スクールはお蔭様で、利用者さんは、ここにきて益々、生きる活気に満ち溢れた方々ばかりで、一つのチームワークがでてきました。これは、素晴らしいことですね。みなさんの暗黙の了解で、学級委員長の役割を担ってくれている満80歳のご婦人がおられます。とてもシッカリとされた方なのですが、実は、3年前に肺炎を患ってしまい、少しの間、生死をさまようぐらい、かなり危ない時期があったそうです。その後、暫く、寝たきりの生活を強いられ、自暴自棄に陥りかけていた頃、二人の娘さんの、”以前のように、もう一度、着付けの先生だったあの頃の毅然としたお母さんに戻って欲しい”という熱い想いを 手を翳すように もってきてくれたのが、北区・福島区でケアマネジャーの事業所を営む”愛と感動のカリスマ女性社長”でありました。この女性社長の熱い想いのお蔭で、私も、独立することになったのですが、まぁ~、その話はおいおいということにしましょう!この方と私を引き合わせてくれました。このご婦人との最初の出会いの印象として、”まぁ~、何と弱弱しい”という印象でありましたね。それと、かなりワガママ極まりなかったです。でも、私は、 この方の振舞いを否定したことは、一度もないです。先ずは、”話を聞こう”と思いました。くもん学習療法の授業を終えて個人面談をしていた、ある時に、”校長先生、少し、私の話を聞いていただけませんか!”とご婦人が仰られました。私は、二つ返事で、”いいですよ”と
”実は、私には、三人の娘がありました。二番目の娘 次女が、一番出来の良い娘でね~、国立の女子大に行ってくれて、一流企業に入ってくれて、それはもう、自慢の娘でした。ところが、この娘が、26歳の時に白血病に侵され、最後まで、生きることを諦めず、病と闘ってくれたのですが、残念ながら、永眠してしまいました。この娘亡き後、何も手付かずで、精神的にも肉体的にも衰えていた頃、優しい笑顔で長女が、お母さん、いつまでも、メソメソしていても、あの娘は、帰ってこないし、あの世で、喜ぶはずもないよ。こんな資格とってみたらどう!と某着付け学院講師養成学校の募集案内を私の手にもたせてくれたのです。三女も、お姉ちゃんの無念をお母さんが、頑張って晴らさな 誰がするのよ と励ましてくれたのです。だから、今の私があるんです。こんな私ですが、どうか、私にも、もう一度、強い道を歩かせて下さい。お願いします。”こんな実のある話を聞かせていただけるなんて、何て、私は、最高の仕事をしているんだろう と 久しぶりに”男泣き”したのを覚えております。シロクマスクールは、そんな利用者さんたちが、一日一日 真剣勝負を臨まれつつも、笑顔が絶えない 学びの場 であります。ご関心のおありの方は、是非とも シロクマスクール 安井まで お問合せ下さい。あっ、シロクマパワージムの最近の様子は、また、次の更新時にお知らせしますね。じゃぁ、みんさんも、明るく元気に、人生を楽しんで下さいね~

0